counter
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君はどこに在るの

ど新規の小山担が好き勝手語ります

counter

小山担1年記念日

ちょうど1年前の今日のことを、はっきりと覚えている。2016年1月22日(金)、NEWSがヒカリノシズク披露でMステに出演していたのである。たまたま観ていたそれで慶ちゃんに一目惚れして、慌てて検索したこと。友人にテンションの壊れたLINEを送りつけたこと。あ、この人のこと好きだ、とピンときたこと。全部ぜんぶ、よく覚えている。
f:id:dearkk:20170121134430j:image
f:id:dearkk:20170121222433j:image

 

(次の日にはこうなっている↓、ということは置いておいて、) 
f:id:dearkk:20170121134647j:image

あの日から、私の毎日は少しだけ変わったような気がする。

 

まず、自分の出来事だけじゃなくて、他人の出来事も気になるようになった。今までの私は、自分の予定でいっぱいいっぱいで、「今日はこれする日で、バイトの後これしてあれして~」とあたふたしていた。でもあの日からは、「少プレの日!」「メン愛の日!」「入所記念日!」など毎日何かを探しては笑顔になれた。そのことで心に余裕も生まれたし、頑張る理由をもらえた。

 

また、誰かの幸せをここまで願える気持ちも、初めてだったと思う。「今日はちゃんと寝れてるのかなあ」「美味しいもの食べてるかなあ」と、ふと考えたりしてしまうのだ。喉の調子が悪い日、くまがすごい日、慶ちゃんの少しの変化で何も手につかなくなったり……。慶ちゃんが幸せなら幸せ、って馬鹿みたいなことを思ったりしたことも本当だよ。

 

祈るような気持ちでテレビを見るなんてことも、今までの私だったらなかった。歌番組で慶ちゃんのパートの度、頑張れ頑張れって。できるよできるよって。自分のことのように息苦しくてたまらなくて。でも目が離せなくて。なーんだいらぬ心配だったんじゃんって慶ちゃんに惚れ直す日もあったり、「これからも見守らせてね」って思う日もあったり。

 

こんなたくさんたくさん幸せをくれる慶ちゃんに、私は何を返してあげられるかなと考えることがある。でもやっぱり私には「慶ちゃんを好きでいる」ということしかできないみたいだ。これからも慶ちゃんをあの日の素直な気持ちのまま、全力で好きでいたいから、ここで自分と約束をしようと思う。ちゃんとこの約束を守れて初めて、慶ちゃんを好きでよかったよありがとうって胸を張って言える気がするから。

 

①慶ちゃんを言い訳にしない

やるべきことにおいても恋愛においても。2016年7月29日号週刊朝日の慶ちゃんの発言が大好きなので、心に刻んでおきたい。

一人でも頑張れるけど、僕がいたらもっと頑張れるという人がいいな。

NEWSを見たいから勉強サボる、とか慶ちゃんの番組リアタイしたいからランニング中断、とか絶対ぜったいしない。この慶ちゃんに誓って、約束。

恋愛面でいうと、「慶ちゃんのせいで他の男子目に入らない~」とかいうのを本気では使わないことにしたい。このまま慶ちゃんだけを追いかけて後で振り返ったとき、少しでも後悔したくない。慶ちゃんを言い訳なんかに使いたくない。

 

②迷う理由がお金なら、多少無理してもやりたいようにやる

私は、今までのコンサート映像のなかの小さな光1つにもなれていないので、今できる精一杯で応援をしたいと思っている。今できること、したいこと、に正直に生きたい。そのためなら多少の無理はしたいし、させてほしい。

 

③慶ちゃんが好きだよ、ってアピールしていく

得意の(?)ポエムでじゃなくて、数字で。数字数字数字。「好きだよ」のアプローチってやっぱり数字が一番説得力がある(急にシビア)。曲に対しての「好きだよ」はCDの枚数だろうし、公演に対しての「好きだよ」は発売中のものだったらDVDの枚数だろうし公演中のものだったら拍手とか歓声だろうし。テレビだったら一番は視聴率かもしれないけど、アンケートだってある。雑誌だったらちゃんと買ってハガキも出したいし、CMの再生数にも貢献したい。とにかく、1ミリでも慶ちゃんのためになるならなんだってしたい。いや、まあただの自己満なんだけど(笑)。私は応援してる年数は少ないけど、慶ちゃんが「みんなのおかげだよ」って言ってる『みんな』のなかの1人でいたいから。どんどんアピールしていきたい。

 

④慶ちゃんに会って恥ずかしくない自分でいる

・勉強頑張る。

・やせる。

・化粧をもっと好きになる。

などなどやることは山積み!!特にツアーに向けてダイエットがんばる!!

 

この4つの約束を、ここに誓っておく。そして、そのうえで言わせてください。慶ちゃん、元気でいてね。笑っていてね。愛されていてね。この1年間すっっっごく幸せだったよありがとう。一生懸命でたくさんの人に愛される慶ちゃんが、私の誇りで自慢の自担です。慶ちゃんのこと見つけたあの日の自分偉かった!って自分で褒めたいくらい。

 

慶ちゃん、これからもきっとずっと大好きだよ。厚かましいのは百も承知で慶ちゃんの言葉を借りると、「これからも支え合っていこうね」。

 

以上、小山担1年記念日に寄せて。りにでした。小山慶一郎さん、昨日は入所16周年おめでとうございました。