counter
counter

「ねえ、大好きな君へ」

 

世界一かっこいい大好きな自担が34歳になりました。私は小山担3年目のまだまだ新規で、彼については知らないことの方が多いと思うけれど、こうしてファンになってから3回目の彼の誕生日を祝うことができて本当に嬉しい。彼が今もそこにいてくれて、そしてこれからもいるって言ってくれて、ほんっっとうに嬉しい。今の脳内BGM、GReeeeNの愛唄。

思い返してみると、去年の今頃はずっとはらはらしてたなあ。なんかもう本当にいなくなっちゃうんじゃないかなあって思って、それならそれで(めちゃめちゃ泣くけど)もういいよって思ってた。だって、そうでもしないと本当にもう死んじゃうんじゃないかって思って。怖かった。

でも私の自担はほんっっとうに強くて。傷だらけのあのほっそい足で、立っていてくれた。

震えながらでも、いつも舞台に立ち続けていた慶ちゃん。ちょうど歌い方の「過渡期」に重なっていて、余計にしんっっっどかったであろう慶ちゃん。(「過渡期」というのはこちらのブログから勝手に引用させていただきました。

うたをうたおうきみのために しあわせでありますように - 桐ノ院整体院

慶ちゃんの歌の成長について丁寧な言葉で綴られています。よんで)

いちばんつらいときに何も言わなかったのに、大晦日のKEIICHIROで整理するみたいに言葉にしてくれた慶ちゃん。

一昨日の広島公演で「33歳幸せだったよー!!」と言っていたらしい慶ちゃん。側から見ててもしんどそうなことが何度もあった33歳を、「幸せだった」と締め括ることができる慶ちゃん。

私はそんな慶ちゃんを好きでよかったな~~と、ふとした瞬間に思うのです。

本当に私の自担かっこいいの。クイズ番組で正解を連発しては、毎日のキャスターとしての仕事ぶりや常に勉強している姿勢を感じさせてくれるし。every.での活躍を多方面から認められているし。司会に回ったときには危なげない進行で番組を回しているし。ライブのMCなんてあれサラッとやってるみたいに見えるけど、メンバー全員にうまく話振りつつ流れ繋げつつオチつけて、を毎回やってるんだからほんとにヤバイ。NEWSのあの自由なMCは「最後には小山(さん)がなんとかしてくれる」っていう信頼のもと成り立ってるんじゃないかな〜って思う。それは煽りに関してもそうで、「慶ちゃんがなんとかしてくれる」っていう安心感がすごい。ライブ初参戦のときに「何を準備していけばいい!?どこでペンラ振ればいい!?どこで拍手すればいい!?」とTwitterでパニクっていたらフォロワーさんが「小山さんに任せたら大丈夫」って言ってくれたことを鮮明に覚えている。そのとき「あ〜〜そうだ慶ちゃんがちゃんと導いてくれるから気張らずに楽しく見ていたらいいんだ〜!」ってめーっちゃ安心した。ほんと、いちいち「見て見て私の自担こんなかっこいいんですよ!!!!」と大声で叫びたくなる。叫んでるけど。

慶ちゃんを好きでいることが、私の一部でアイデンティティで誇りであるなって思うこともよくある。他者依存だし誰かに自分の理想や夢を押しつけることはよくないことと分かっているけど、どうしたってそうなんだもん。仕方ない。死ぬほど重いもの背負ってる彼にまた背負わせるみたいでごめんなさいって思うけど、そこはほら、重い者同士うまくやってこ?重いファンでごめんね許してね。こんなにひとりのひとを好きになれたのははじめてで、こんなに夢中になれるひとに出会ったのもはじめてでちょっと自分が心配になることもあるけど、慶ちゃんを好きでよかったなって最近毎日思う。「小山担」っていう肩書きというか居場所が、居心地が良くて嬉しい。どうかこのままでいさせてください。

 

 

「弱さ」という強さを手にして

ただひたすらに努力をして、もがいてもがいて、そこにいる慶ちゃんの強さが好き。どんな理不尽に晒されても、そこにいてくれる慶ちゃんの強さが好き。弱さを認めてさらけ出せる強さが好き。慶ちゃんは自分で「心が強いほうではない」と言うけど、そう言えること自体が強いよ。本当に弱いひとはそこを認められないもん。

NEWSはもうデビュー組中堅で、そのなかでも慶ちゃんは最年長のリーダーで。もう34歳で。かっこ悪いところを見せたくないっていう意地とか、もう長いことやってるっていう自負とか、下へのプライドとかいろいろあると思う。だけどそこを飛び越えて、自分の弱さを認めて、変わりたいって堂々と口にして、実際に有言実行する彼が好きだし、心の底から尊敬する。少プレで「マイクが片手で持てない 怖くて」って、NEWSICALで「歌が怖くて過呼吸になったことがある」って、教えてくれたよね。そのうえで「歌が上手くなりたい」「みててね」ってめちゃめちゃ言ってくれて、そして本当に、この疎い私にだってわかるくらい、うまくなった。慶ちゃんを見ていると、シゲの「人は誰だって変われる。いつだって変われる。」という言葉を思い出す。「今更かよ」とか「なさけない」って笑う人がいたとしても、結果がすぐには目に見えなくても、ずっっっと折れずに努力を続ける慶ちゃんが眩しい。「成功とは継続」っていう10000字インタビューでの自身の言葉を今もなおずっと体現しているひと。

 

 

好きなように YOU GO Find your way to Avalon

4月14日のKEIICHIROに「自分の家でミルクとしか住んでない」「僕の言葉を信じて」と書いていて、もうなんか悔しいやら悲しいやらでぐっちゃぐちゃになってしまった。そういえば大晦日も「ミルクちゃんとラブラブしてるから」「安心してね。」って書いてたなってなんかちょっと泣けた。だって私は「今は彼女いないから安心して」の言葉が聞きたいんじゃないもん。そりゃあだいっっすきな人に彼女がいたらちょっとは悲しいしたぶん泣くけど、こんなにも本人に「自分が恋愛することは悪」みたいに思わせてるんだーって思うと切なくなってきちゃって。

あんな死ぬほどめまぐるしいスケジュールのなかで、移動時間や隙間時間でも寝ないっていう気の休まらない生活のなかで、彼がほっと休める場所があればいいと思う。あってくれ、と思う。家に帰ってあたたかいお風呂とごはんと、だいすきな人の笑顔が待っていればいいと思う。あなたが、あなたの幸せを諦めないでくれ。ただ単に今はミルクちゃんがいて満たされているからそういう発言になっただけかもしれないけど、普通に幸せな恋愛をする権利があることを忘れないでほしい。恋愛したっていいじゃんか。自分で自分の幸せを諦めなくたっていいじゃんか。ましてや私たちが諦めさせてたまるか。だってこれからもずっっっと長いことNEWSでいてくれるんでしょう??女子ドルみたいに「卒業してからにしなよ」って怒れないよ。

慶ちゃんがこうして言葉や態度で「彼女いませんよ~」って言ってくれるの、しんどいんだよ。次慶ちゃんが好きな人に出会ったときに、それが絶対足枷になるもん。「いませんよ」でファンが喜ぶって思っちゃってるもん。そんなことしてたら、私たちが何か聞いてしまったときに「いないって言ってたじゃん!」「裏切られた!」って勝手に思ってしまうかもしれないじゃん。

好きに生きていいんだよ。幸せになってくれよ!!!!!!頼むよ!!!!!自分で呪いかけないでよ!!!!

 

 


希望が届きますように

3日前の4月28日、EPCOTIA広島公演。慶ちゃんがある曲で突然泣き出した。涙で歌えなくなった。そしてその曲のアウトロでごめんねごめんねって両手を合わせて何回も謝ってた。

なんで泣いちゃったのかは私には測りかねるけど、弱いところを見せてくれたことが嬉しかった。(まあ心配で一緒に泣いてたけどな!支えてくれた友達と前の席のお姉さまありがとう!!)なんていうんだろ。心を許してくれているみたいな、ここだから安心できるんだよみたいな、そう思ってくれてるのかもって勝手に感じた。去年のNEVERLANDのオーラスで「手越が泣いて嬉しかった」って言ってた慶ちゃんの気持ちが少しわかった気がする。

その日の最後の挨拶で、ニュアンスだけど「みんなにずっと会いたかったです。僕はそんなに心の強い方ではないので、みんなに支えてもらっています。これからも支えていきます!」って言ってて。

「会いたかった」って甘えてくれたこともめーーっちゃ嬉しくて。私がしんどいなつらいな慶ちゃんに会いたいな~って思うみたいに、慶ちゃんもしんどいときにファンに会いたくなったのかなって。私たちの存在がちゃんと慶ちゃんの支えになっているならこれほど幸せなことはないな、と思った。「必要だよ」「大切だよ」って伝わっているなら嬉しいなあ。

歯を食いしばってたいていのことは黙って耐えていることも、見えないところでめーっちゃ努力してるのも、1%くらいはわかる。(本当はわかるって言いたいけどおこがましすぎるから1%にしておく。)そんななかで、もし、もしも、何かつらいことがあったときはまた、私たちのことを思い出してくれたら嬉しい。

 

 

 

小山慶一郎さんへ。

NEWSでいることを選び続けてくれて、自分の仕事に妥協しないでいてくれて、私たちと向き合おうとしてくれて本当にありがとう。たくさんの理不尽や逆境に折れないでいてくれてありがとう。ごめんね。

自分の「普通の幸せ」も諦めないでいてね。

33歳の、そして33歳までの慶ちゃんを超えて、越えて、また強くなっていく34歳の慶ちゃんをこれからも好きでいさせてください。

誕生日、おめでとうございます。

誕生日ケーキ、今年は2段にしてみたよ!

f:id:dearkk:20180430195710j:imagef:id:dearkk:20180430195721j:imagef:id:dearkk:20180430195728j:image

だいすき!